ゆとり薬剤師の業務日誌

無課金縛りでプレイしています。不定期更新。

2020.9 KC杯 久保さんは局所を許さない

KC杯、お疲れ様でした。

 

今回もなんとか銀アイコンを獲ることができました。

 

金アイコンを獲れるだけの実力があるとは思っていないので、個人的にはノルマ達成です。

 

7月に行われたKCGT本戦で、溢れそうなジェム消化も兼ねてブラマジを揃えました。

 

回していて面白かったし、せっかくだから一度ブラマジでKCを走りたいな〜と思っていたので、不利なのは分かっていたけどデッキはブラマジを選択。

 

局所的ハリケーンが吹き荒ぶ現環境で、どうしたら勝てるか必死に考えを巡らせ、出来上がった構築がこちら。

 

 

 

▶︎今回の使用デッキ

 

f:id:yutolinks:20200926204643j:image

 

 

 

 

【固定枠13枚】

f:id:yutolinks:20200926221323p:image

・イリュージョン1

・ロッド2

・ブラマジ3

・陣3

・イリュージョンマジック1

・ナビゲ3

 

 

▶︎残り7枠について

 

 

【マジシャンズローブ1】

f:id:yutolinks:20200926204651j:image

 

・カラクリ、ドラグなどが使う局所の対策札

「局所→ナビゲ→ローブSS→陣待機」と、ローブを間に挟むことで、罠ではなくモンスター効果により魔導陣を起動させる事ができる。

 

・陣+素引きローブで陣起動

ローブは「ブラマジとナビゲを足して2で割ったカード」だと捉えるとイメージしやすい。ブラマジにもなれるし、ナビゲにもなれる。

 

・因果などの手札コストとして捨てた後、ローブ②効果で墓地から蘇生させると、DEF2000の壁、陣の起動、次ターンアドバンスのコスト、次ターンあばよで回収し手札コストの確保、、、などの仕事ができる。

 

・元々がブラマジのサポートカードであるため、腐ることは少ない。

 

 

【因果3】

・天敵コキュートス対策 魔術発動"前"にアレイスターを除外(発動時だと、その後魔術墓地効果でアレイスターを回収される)

・BF  ライキリの永久除去

・WC  ヴェールの除外

・カラクリ 油を使わせない(サンブレでは×)

・ネオス 厄介な破壊耐性を無視

 

 

【サンブレ1】

・4枚目の因果として1枚採用

・因果より扱いやすく、小回りが利く

(後ろを触れる、裏側モンスターを破壊できる、自身のブラマジに撃ちイリュージョン効果を起動→連続攻撃ができる、フリチェのためナビゲだと騙す事ができるetc.)

 

 

 

【カイクウ1】

・WC各種札の墓地効果(ギャラサイも)対策

・上位に多かった不知火対策

・コキュートス対策(墓地の水属性やアレイスターを活用させない)

・ドラグの除外効果対策

 

 


【カーテン1枚】

・陣+カーテン→あばよが強い(後攻から相手の盤面に干渉できる)

・召喚権がロッドと喧嘩してしまう

・あばよ含め、陣ナビ成功率の向上

・ブラマジブラマジカーテン、、、のような初手事故率の増加

・2枚採用の場合、デッキにブラマジが残っておらず腐る場面などが多く、1枚の採用にとどめた

 

 

【Exデッキ】

本来ならトリシューラを入れるべきだが、不幸なことに因果3枚を集める過程で1枚も引く事が出来なかったため不採用。

 

 


【あばよ】

・ロッド入りの時にあばよでロッドを回収しておかないと、ナビゲを使った時に場が埋まってしまい、ローブの①効果が使えなくなってしまう。これを防ぐため、あばよは必須。

・ロッドの回収がそもそも強い

・場が埋まり動きづらくなる点の解消

・手札コストを要する因果等と好相性

・イリュージョンの再利用で手数が増える

・ローブ→ブラマジSS→あばよ→ナビゲ、の筋が増える

 

 

 

 

▶︎各対面のお話

 


【ES召喚獣

・死んでもコキュートスを出させない。

・アレイスターが見えたら即除外

・聖殿を貼られたら即除去(ナルのサーチ、ラパウィラによる妨害を未然に防ぐ)

・マロー規制の影響が実はここで出ていて、ES側は後攻1ターン目からデカい奴を基本的に出せない。そのため、ブラマジ側は思い切って聖殿に妨害リソースを割いていい。

 


【カラクリ】

・後攻は基本厳しい

 

・基本は177召喚→サーチが終わったタイミングで陣等を撃つが、供物のラグがあれば、9763が出てから9763を除去

(供物と油があったとしても、一度場から離れるとチューナーでは無くなるためそれ以上展開できない)

 

・224入りの場合、供物+油で展開される可能性あり。陣ナビ含め2妨害があるなら224を除去。1妨害しか無いなら手札と相談。


・局所入りの場合、カラクリ側に供物があると、ローブを出しても先に供物で破壊されてから展開される恐れがある。しかし今回、供物を持っていてもそのルートを選択してきた相手は一人もいなかった。供物を撃ってさらにそこから展開できる手札とは「局所、供物、177+9763or油 又は 224+借蔵+油」のような要求値の高いものとなり、確率的にそこまで対策する必要性は無いと思う。

 

 

【WC】

・モンスター除去の汎用札を増やすほど、ブラマジ側が有利に傾く

・自分が得意なだけかもしれないが、かなりDPを稼がせてもらった

・基本はヴェール除去→ワンキルを狙う

・嵐のケアで、相手が初手からバックを伏せたら、先に陣ナビ発動

・バトルフェイズに入るフリをしてヴェールを出させてから、カーテン、ブラマジアドバンス、など。

 

 

 

【BF】

・お互いの手札でほぼ決まるが、不利

・基本はライキリの除外を目指す

・陣+2伏せをすると、コズで確実に陣を狙われるため、あえて陣+ナビゲのみにすることで、ナビゲにコズを撃ってもらい、ローブを出して陣待機、、という駆け引きができる。(ナビゲにコズを撃てばブラマジを2体出してくれる→そこをライキリで破壊しよう、という思考を逆手にとる。)

 

 

 

 


【バレットネオス】

・お互いの手札でほぼ決まる、イーブン〜微有利(コズ3積みが減ったため)

・陣ナビをしても、天罰摂理でイリュージョンを破壊される負け筋があるため、バックがある時はイリュージョンの効果をむやみに使わない(ラグ等からカウンター罠では無い事が明らかであれば積極的に使用)

 


【厚い不知火】

・陣ナビがあれば有利だが、それ以外では不利な印象

・罠型の不知火とは違い、手数が多く処理しきれない場合も多い

宮司による陣破壊も厄介で、カイクウの採用が無ければ負け越すのでは?と思う

・陣ナビした後に語から出てくる武士も嫌(カイクウを出していなければキツく、出していたとしても相打ちを取られる)

 

 

 

 

ザッと振り返って、こんなところかな?

 

局所が無い環境ならローブを入れる必要性は少ないので、また別の構築になると思います。

 

ただ、定期的に局所環境は訪れるので、ブラマジで採用される主な闇属性魔法使い族として、

 

 

・カイクウ

・ナイトエンドソーサラー

 

 

ここに

 

 

・マジシャンズローブ

 

 

を書き加えておいて下さい。