ゆとり薬剤師の業務日誌

無課金縛りでプレイしています。不定期更新。

Dojo

ついに六武衆にメスが入りましたね。

 

道場がリミット②かあ。

 

僕は六武衆を"使われる側"なので、その立場から規制が及ぼす影響を考えてみる。

 

 

〈その①〉

六武衆に道場は必須であり、2積みせざるを得ない。と現状では思われるので、

 

▶︎六武衆と対峙している時に「伏せがエネコンor狡猾かもしれない」という場合分けをしなくて済むようになる。

 

これは大きい。二刀流、コズサイ、荒行、コトワリあたりを意識して戦えば良さそう。

 

〈その②〉

道場が1枠減り、エネコン狡猾の枠が減ることで、おそらく荒行入りが増えるのではないか?

 

▶︎荒行発動にチェーンして、例えばカナディア。荒行を不発に終わらせつつ、その後のシエン立てにつながる展開を抑制する。

 

このようなプレイングを心がけたい。

裏側にする、破壊する、どちらでもいいけど腐りにくいのは裏側にする札かなあ。

 

今気付いたけど、ハルキゲニアやコンセントレイト等で荒行対象モンスのATKをズラしても不発になりますね。

 

 

〈その③〉

エネコン狡猾が入らなくなったことにより、六武衆は対ロックバーンに弱くなると思われる。

 

今後はロックバーンが増え、同時に古代とコアキも増える→間接的に六武衆のシェアがやや減少するのでは?

 

▶︎バック干渉札の有効な場面が増える。今より少し多めに投入する。

 

道場結束、ロックバーンの後ろ、古代の街要塞、ネオスフュージョンや金剛核を除外し破壊耐性獲得を阻止、などなど。

 

六武衆側もロックバーン対策を考えるだろうし、今後の新パックでいくらでも変わる可能性アリ。

 

ネオスも台頭しつつあるので、ロックバーンに追い風か?

 

個人的には、ロックバーンはつまらないし嫌いなので迷惑な話である。

 

 

 

パッと思いついたのはこんなところか。

 

改めて考えてみると、恐竜に追い風だなあ。

 

Dkayedさんの恐竜を見て驚いたのだが、なんと恐竜にミスラが入っていたんですよね。

 

六武衆に対して

 

・二刀流のケア

・通常モンスター確保(→生存境界)

・六武衆側の展開を抑制

 

このような役割を持つ。

特に3つ目がめちゃくちゃ強くて、

 

先行ミスラを決めた場合、六武衆側は残るモンスターゾーン2枠でシンクロしないといけなくなる。

 

3枠あれば、例えば「フウマ、★4、六武」の布陣を作ってからシエンを出すことで、生存境界によるシエンの破壊を身代わり効果で避けられるのだが、2枠ではこれができない。シエンが出た後、キザン等が出てくる前にすぐ墓地生存境界で破壊してしまえばOK。

 

 

 

このようにミスラ1枚でめちゃくちゃ対策になる。それでいて生存境界とのシナジーもあり、デッキパワーを落とすこともない、という革新的な対策札だと思います。Dkayedさん、さすがですね。

 

 

もうブンボーグは主力級まで仕上がってきたので、しばらくミスラ型の恐竜を練ってみようかなあと思います。