ゆとり薬剤師の業務日誌

無課金縛りでプレイしています。不定期更新。

雑感 of Deskbot

f:id:yutolinks:20190424211436p:image

《ブンボーグ001/Deskbot 001》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

ブンボーグのシンクロ担当。⑴の効果により打点が2000まで上昇する。003もいた場合3500以上まで平気で強化されるため、アタッカーとしても活躍。⑵の効果を見る事はなかなか無い。

 

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424210049p:image

《ブンボーグ002/Deskbot 002》
効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ブンボーグ」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

 

 

特殊召喚に成功した"場合"に好きなブンボーグをサーチできるアド獲得効果と、他の機械族を強化する効果を持つ。"場合"なので非常に使い勝手がいい。003, 004から特殊召喚を狙っていきたい。自分の構築では蘇生札があるため、その点も好相性。また、ブンボーグは素の打点が低いため、500アップが地味に役立つ場面が多い。

 

 

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424203038p:image

《ブンボーグ003/Deskbot 003》
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ブンボーグ003」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「ブンボーグ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、自分フィールドの「ブンボーグ」カードの数×500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

ブンボーグの起点となるモンスター。

召喚しただけで1アド、002を特殊召喚すれば、さらにブンボーグを1枚サーチで2アド。

また、⑵の効果が相手ターンでも使える所がポイント。003がいるだけで、相手の砂時計は常に光った状態になり、こちらの伏せ情報や手札誘発の有無が一切分からなくなる点が強い。

場に003が2体並ぶと効果を重ねがけできるため、打点が爆発的に上がる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424203812p:image

《ブンボーグ004/Deskbot 004》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。デッキから「ブンボーグ004」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を墓地へ送り、このカードの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ、墓地へ送ったそのモンスターのレベル×500アップする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベルの異なる「ブンボーグ」モンスター2体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

 

主に大型モンスターを突破する際に活躍。さらに戦闘破壊すると2種類のブンボーグを特殊召喚し、アドを取ることが可能。

 

テキストを読む限りでは、役割はこれだけに思えたが、実は違った。⑴の効果を読み替えると「戦闘する際に、好きなブンボーグをデッキから1枚墓地へ送る事ができる」と書かれている。つまり墓地肥やしを担っている。ブンボーグにおける牛頭鬼、堕ち武者と言ってもいいだろう。強化蘇生などの蘇生札と非常に相性がいい。

 

  また、004は攻撃表示で置くイメージが強かったが、先行時に004をセットしておくことで、次のターン相手から攻撃を受けた時に墓地を肥やす事ができる。その際に002を落とし、蘇生札で002を特殊召喚すれば、好きなブンボーグをサーチできる。攻撃表示で出してしまうと、わざわざ004に突っ込んでくる人はいないため、墓地肥やしができなくなる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424210717p:image

《ブンボーグ009/Deskbot 009》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動できる。このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、「ブンボーグ009」以外の自分フィールドの「ブンボーグ」モンスターの攻撃力の合計分アップする。この効果を発動するターン、このカードしか攻撃できない。
(2):このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚を破壊できる。

 

 

⑵のアルマデス効果が非常に強い。怪しい裏守備モンスターや厄介なフウマ等は009で処理していきたい。

⑴の打点強化が"次の相手ターン終了時まで"続くことがポイント。状況により攻撃しないターンでも、効果で打点強化だけしてからターンエンドすると、こちらの盤面が頑丈になる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424212424p:image

《ブンボーグ・ジェット/Deskbot Jet》

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻 500/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ブンボーグ・ジェット」の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、フィールドの「ブンボーグ」カードの数×500アップする。
(2):自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ブンボーグ」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚とフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

ブンボーグのシンクロモンスター。001と009の組み合わせで出せる。リクルート効果と、表側のカードを破壊する効果を持つ。

ブンボーグモンスターはアマゾネス女王などの戦闘破壊できないモンスターを処理できないため、そういった状況を打開したい時に活躍。なお、破壊されても004で当然復活できる。

 

 

 

 

2〜3日ブンボーグを使ってみて、各カードに対して感じたことはこんな所。構築によって、戦い方が結構変わるテーマだなと思った。ブンボーグの真価はどこにあるのか、、、まだ気付けていない側面が多そうだが、とりあえずこないだのKCはブンボーグでやっていたら、もっと勝てていたんじゃないかと思えるくらいには強い。