ゆとり薬剤師の業務日誌

無課金縛りでプレイしています。不定期更新。

KING OF GAMES

ランク戦スタンプとサイコロのために調整がてらランクマしてたら、気付いたらデュエルキングになっていました。

 

 

今回は「現世ブンボーグ」を使用。 

 

f:id:yutolinks:20190504162725p:image

 

骨格となったのはこの15枚。

 

残り5枚は防御札を色々差し替えていたものの、結局決まらず。まあ環境次第で様子見かなと。

 

 

▶︎キーカード6枚

 

003, 004のどちらかが初手にあればとりあえず動ける。そういうキーカードを6枚積める点は優秀。20枚構築なら初手率79%。

 

 

▶︎009の枚数

 

最初は事故率軽減のため2積みにしていたが、今は大型がぽんぽん出てくる環境。009が初手に1枚来てしまっていた場合、004の5000パンチを打てる回数は1回になってしまう。(20枚構築で後攻45%の確率)それでは不安があるため3積み。

 

しかし3積みにすると、009が初手に2枚以上来てしまった時には絶望、という事故にもつながりやすくなる。事故回避したはずが、別の事故につながりやすくなるという矛盾。ここがとても弱い。

 

ブンボーグは手札が余りやすいため、手札コストを要する防御札なんかは相性がいいのかもしれない。ホーリーライフとか?他に何があったかな。まだ試していないので近々試したい。

 

 

▶︎現世復帰の制約

 

相手よりライフが1000以上少ない時、相手墓地のモンスターをワイトに変えるスキル。

 

今の環境で刺さるデッキが多い。

 

六武衆→エニシ、影六武の破壊耐性

ネオス→打点上昇、タスケルトン、ミラクフュージョンなど

インヴェルズ→斥候の復活

堕天使→墓地蘇生

青眼→墓地蘇生、回収

 

墓所と判別できないのもまた面白い。

 

 

▶︎コズサイ3枚

 

現世を初ターンから使いやすくするために3積み。

 

ただ、今はコズサイを3積みするような環境ではないし、ブンボーグはライフに余裕のあるテーマではない。

 

苦手な古代の対策にはなる。

 

苦手なハガの対策に、、、なっているようななっていないような、、、1000コストが痛い。

 

スキルが現世やセレブじゃなければ、コズサイじゃなくていいと思う。

 

 

 

ブンボーグは果たして、このインフレについていけるのか不安があるものの、自由枠もそこそこあるのでそれなりにやっていけるでしょう。

住み分け

今日から5月度ランクマが始まりました。

 

とりあえずレジェンドまで来たものの、規制前六武が多くてやる価値を感じない。

 

エネ狡猾が見えたら即サレ安定、時間の無駄。

 

六武衆側も時間の無駄って思わないのか?

 

規制入ってから慌てて構築考えるのだろうか?

 

と思ったが

 

 

・ライトユーザーである

・テンプレを参考にするため構築をあまり考えない

・そもそもそんな深く考えてない

 

 

おそらくこの辺りの理由なんだろうと気がついた。

 

こちらとしてはネオスや新パックのテーマと戦って経験を積みたいところだが、、

 

発信力のある人達がテンプレを築き上げて発信するまで、もしくは規制が実施されるまでランクマは放置するか〜

 

 

 

ちなみに

 

もちろん規制前六武を使うのは何も問題無いですよ。

 

全ての元凶は運営にあります。

 

規制実施までの期間が長すぎる。

 

せめて1週間でいいでしょう。

 

僕は非効率的、無益なことは非常に嫌いです。

 

仕事と同じです。

 

無駄なく、生産性をもち、先のことを考えたプレイをしていきたいですね。

型落ちになりたくない

今日で平成という1つの時代が終わろうとしていますね。

 

平成生まれなので寂しさを感じています。

 

そんな中、昨晩にネオスメタを閃いて試しまくっていたところ、外が明るくなっていました。

 

何かに集中すると時間を忘れてしまう癖を何とかしたいです。

 

 

そういえば

 

新パックの内容見れるの知らなくて、効果をざっと読みました。

 

あんまり欲しいカードは無かったけど、堕天使は変わった効果持ってて面白そう。

 

デカいのがよく並ぶ環境になりそうですね。

 

個人的にロックバーンがつまらないし嫌いなので、古代みたいにロックバーンに強いテーマが来たら引きたい。

 

てか古代好きだからドリームチケとかで何とか手に入らないかな〜

 

WCSキャンペーンに期待。

宇宙からの来訪者

こんばんは。最近シジミの味噌汁と、セブンイレブンの抹茶ガトーショコラにハマっています。

 

 

先日からミスラ型の恐竜を少し触っていたのだが、結論から言うと、厳しそう。

 

ミスラは六武衆に対して有効である反面、各所で結果を出しているネオスには全く機能しない。

 

メインギミックである生存境界も、ネオスを破壊するにはカナディア、底なしで裏側にしてからじゃないと一発で破壊できず、打点でも負けているため、根本的に相性が悪い(*)

 

*相性が悪い=それぞれのデッキが"普通"に機能した時に、さらに別の札が無ければ押し負ける状態

 

六武衆、ネオスそれぞれに対して平均6割以上取れるデッキじゃないと、生き残るには厳しいでしょう。

 

 

そこで六武衆とネオスの共通項を今から考えてみる。

 

 

①戦士族

②2000中盤の打点

③破壊耐性(ただし墓所封印で解ける)

 

 

この辺りかな?

 

 

①戦士族

 

まず浮かぶのは、やはりサイファスカウター

 

それに対して

 

六武衆はエニシのバウンス、アルマデス等

 

ネオスはガイアかトルネード、もしくはサザンク等

 

が回答。

 

スカウターは他のデッキには全く刺さらないのが難点。シェアがよほど高ければ入れる価値アリか?

 

 

②2000中盤の打点

 

基準となるのはシエンの2500、ブレイヴネオスの2600。

 

絆や粉砕などの影響も含めると、約3000の打点を用意することが有効。

 

3000と聞くと古代を思い浮かべるが、組めないのでナシ。

 

エニシやサザンク等で簡単に除去される事を考えると、こちらも簡単に3000を立てられるギミックのあるテーマを使いたいところ。

 

次のパックで強化されると言われている青眼に期待か?

 

 

③破壊耐性

 

最近これが当たり前のようになってきて怖さがありますね。

 

破壊できないなら「除外」「墓地へ送る」「バウンス」しかない。

 

手持ちのカードで除外できるカードを探してみたところ、急襲、好敵手の記憶くらいしか使えそうなものが無かった。

 

急襲はコズサイの吹き荒れる環境において弱すぎるのでナシ。好敵手は面白いが、シエンに止められるため微妙か。ただネオスには有効。次元幽閉の下位互換にしか思えないが、、笑

 

除外は難しそうなので、墓地へ送るカード。

まあサザンクが現環境では筆頭ですかね。

 

幸いなことにサザンクは3枚持っているので、全力で使っていきたい。

 

あとはバウンス。

持ってませんが、最近爆風トカゲをよく見かけますね。

 

近いカードとしてはヴェルズ・フレイス。

 

f:id:yutolinks:20190428202128p:image

 

トカゲと違って裏側のモンスターを戻せない代わりに、表側であれば魔法罠もバウンスできる点と、守備力がまあまあ高い点は評価できる。

 

縦のカナディアや王女等のATK1200、横のワイバーン、マッシブ、翻弄等のDEF1200を抜けない点は少し気になるものの、イベント産のカードにしては結構実用的。

 

 

 

また、スキルの枠を割くのであれば、墓所封印が有効。この前墓所文房具を試していて、結構使えるなと実感。

 

 

現状ではこんなところか。

 

しばらくはサザンク、フレイス、墓所辺りに目をつけて、いくつかデッキを考えたい。

 

来たるミニパックで環境が変わる事を祈っています。

 

 

Dojo

ついに六武衆にメスが入りましたね。

 

道場がリミット②かあ。

 

僕は六武衆を"使われる側"なので、その立場から規制が及ぼす影響を考えてみる。

 

 

〈その①〉

六武衆に道場は必須であり、2積みせざるを得ない。と現状では思われるので、

 

▶︎六武衆と対峙している時に「伏せがエネコンor狡猾かもしれない」という場合分けをしなくて済むようになる。

 

これは大きい。二刀流、コズサイ、荒行、コトワリあたりを意識して戦えば良さそう。

 

〈その②〉

道場が1枠減り、エネコン狡猾の枠が減ることで、おそらく荒行入りが増えるのではないか?

 

▶︎荒行発動にチェーンして、例えばカナディア。荒行を不発に終わらせつつ、その後のシエン立てにつながる展開を抑制する。

 

このようなプレイングを心がけたい。

裏側にする、破壊する、どちらでもいいけど腐りにくいのは裏側にする札かなあ。

 

今気付いたけど、ハルキゲニアやコンセントレイト等で荒行対象モンスのATKをズラしても不発になりますね。

 

 

〈その③〉

エネコン狡猾が入らなくなったことにより、六武衆は対ロックバーンに弱くなると思われる。

 

今後はロックバーンが増え、同時に古代とコアキも増える→間接的に六武衆のシェアがやや減少するのでは?

 

▶︎バック干渉札の有効な場面が増える。今より少し多めに投入する。

 

道場結束、ロックバーンの後ろ、古代の街要塞、ネオスフュージョンや金剛核を除外し破壊耐性獲得を阻止、などなど。

 

六武衆側もロックバーン対策を考えるだろうし、今後の新パックでいくらでも変わる可能性アリ。

 

ネオスも台頭しつつあるので、ロックバーンに追い風か?

 

個人的には、ロックバーンはつまらないし嫌いなので迷惑な話である。

 

 

 

パッと思いついたのはこんなところか。

 

改めて考えてみると、恐竜に追い風だなあ。

 

Dkayedさんの恐竜を見て驚いたのだが、なんと恐竜にミスラが入っていたんですよね。

 

六武衆に対して

 

・二刀流のケア

・通常モンスター確保(→生存境界)

・六武衆側の展開を抑制

 

このような役割を持つ。

特に3つ目がめちゃくちゃ強くて、

 

先行ミスラを決めた場合、六武衆側は残るモンスターゾーン2枠でシンクロしないといけなくなる。

 

3枠あれば、例えば「フウマ、★4、六武」の布陣を作ってからシエンを出すことで、生存境界によるシエンの破壊を身代わり効果で避けられるのだが、2枠ではこれができない。シエンが出た後、キザン等が出てくる前にすぐ墓地生存境界で破壊してしまえばOK。

 

 

 

このようにミスラ1枚でめちゃくちゃ対策になる。それでいて生存境界とのシナジーもあり、デッキパワーを落とすこともない、という革新的な対策札だと思います。Dkayedさん、さすがですね。

 

 

もうブンボーグは主力級まで仕上がってきたので、しばらくミスラ型の恐竜を練ってみようかなあと思います。

あと4ください

【EX】

1枠増えて、ついに6枚になりましたね。

 

 

やや几帳面な自分には、この「6」という数字が中途半端で気になりまくっています。

 

 

ジワジワ増やしてく感じなのかな。

 

 

課金で枠増やす形式なのでは、と危惧していたけど、違って良かった。

 

 

所持カードで差がつくのは一向に構わないけど、ルールの部分で差がつくと手の打ちようがない。

 

 

シンクロ100回は中々面倒だが、モブ狩りデッキをシンクロ式に変えてやればすぐ終わる気がする。

 

 

f:id:yutolinks:20190425220854p:imagef:id:yutolinks:20190425220859p:image

 

0,03秒で組んだけど、少し回してみたところこんな感じで良さそう。

 

"ブンボーグのついでに"集まった六武衆を活用してみた。シンエイはオート君が上手く扱えないので入れてない。そしてシエンは引けていない。

 

まあ環境トップは基本的に使わないのでいいです。

別に、あわよくば1枚欲しかったとか思ってないですよ。

 

 

 

年代記イベ】

今日から始まりました。

 

イベントはジェムの獲得源になるためわりと重要です。

 

今回確定でもらえる個数を数えると、200ジェム。

 

あとそこにガチャと宝箱から出た分が収穫になります。

 

ただ面倒くさがり屋なので、それなりにしかやれません。

 

計500ジェムくらい稼げたらいいかな〜

 

てか斎王って、このイベントやってどういう人物か把握させてから斎王獲得イベやった方が順序的に良かったんじゃ、、?

 

また早く3000ジェ、、、新キャラ実装してほしいですね。もっとテンポ良く行こう。

 

ではでは、イベント消化してきます。

 

雑感 of Deskbot

f:id:yutolinks:20190424211436p:image

《ブンボーグ001/Deskbot 001》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードの攻撃力・守備力は、自分フィールドの機械族モンスターの数×500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、フィールドに機械族モンスターが2体以上同時に特殊召喚された場合に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

ブンボーグのシンクロ担当。⑴の効果により打点が2000まで上昇する。003もいた場合3500以上まで平気で強化されるため、アタッカーとしても活躍。⑵の効果を見る事はなかなか無い。

 

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424210049p:image

《ブンボーグ002/Deskbot 002》
効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ブンボーグ」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの機械族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

 

 

特殊召喚に成功した"場合"に好きなブンボーグをサーチできるアド獲得効果と、他の機械族を強化する効果を持つ。"場合"なので非常に使い勝手がいい。003, 004から特殊召喚を狙っていきたい。自分の構築では蘇生札があるため、その点も好相性。また、ブンボーグは素の打点が低いため、500アップが地味に役立つ場面が多い。

 

 

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424203038p:image

《ブンボーグ003/Deskbot 003》
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「ブンボーグ003」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「ブンボーグ」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、自分フィールドの「ブンボーグ」カードの数×500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

ブンボーグの起点となるモンスター。

召喚しただけで1アド、002を特殊召喚すれば、さらにブンボーグを1枚サーチで2アド。

また、⑵の効果が相手ターンでも使える所がポイント。003がいるだけで、相手の砂時計は常に光った状態になり、こちらの伏せ情報や手札誘発の有無が一切分からなくなる点が強い。

場に003が2体並ぶと効果を重ねがけできるため、打点が爆発的に上がる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424203812p:image

《ブンボーグ004/Deskbot 004》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。デッキから「ブンボーグ004」以外の「ブンボーグ」モンスター1体を墓地へ送り、このカードの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ、墓地へ送ったそのモンスターのレベル×500アップする。この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。自分の手札・墓地からレベルの異なる「ブンボーグ」モンスター2体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 

 

主に大型モンスターを突破する際に活躍。さらに戦闘破壊すると2種類のブンボーグを特殊召喚し、アドを取ることが可能。

 

テキストを読む限りでは、役割はこれだけに思えたが、実は違った。⑴の効果を読み替えると「戦闘する際に、好きなブンボーグをデッキから1枚墓地へ送る事ができる」と書かれている。つまり墓地肥やしを担っている。ブンボーグにおける牛頭鬼、堕ち武者と言ってもいいだろう。強化蘇生などの蘇生札と非常に相性がいい。

 

  また、004は攻撃表示で置くイメージが強かったが、先行時に004をセットしておくことで、次のターン相手から攻撃を受けた時に墓地を肥やす事ができる。その際に002を落とし、蘇生札で002を特殊召喚すれば、好きなブンボーグをサーチできる。攻撃表示で出してしまうと、わざわざ004に突っ込んでくる人はいないため、墓地肥やしができなくなる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424210717p:image

《ブンボーグ009/Deskbot 009》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻 500/守 500
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズ1に発動できる。このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、「ブンボーグ009」以外の自分フィールドの「ブンボーグ」モンスターの攻撃力の合計分アップする。この効果を発動するターン、このカードしか攻撃できない。
(2):このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚を破壊できる。

 

 

⑵のアルマデス効果が非常に強い。怪しい裏守備モンスターや厄介なフウマ等は009で処理していきたい。

⑴の打点強化が"次の相手ターン終了時まで"続くことがポイント。状況により攻撃しないターンでも、効果で打点強化だけしてからターンエンドすると、こちらの盤面が頑丈になる。

 

 

 

f:id:yutolinks:20190424212424p:image

《ブンボーグ・ジェット/Deskbot Jet》

シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻 500/守 500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ブンボーグ・ジェット」の(2)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、フィールドの「ブンボーグ」カードの数×500アップする。
(2):自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ブンボーグ」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分フィールドの「ブンボーグ」カード1枚とフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

 

 

ブンボーグのシンクロモンスター。001と009の組み合わせで出せる。リクルート効果と、表側のカードを破壊する効果を持つ。

ブンボーグモンスターはアマゾネス女王などの戦闘破壊できないモンスターを処理できないため、そういった状況を打開したい時に活躍。なお、破壊されても004で当然復活できる。

 

 

 

 

2〜3日ブンボーグを使ってみて、各カードに対して感じたことはこんな所。構築によって、戦い方が結構変わるテーマだなと思った。ブンボーグの真価はどこにあるのか、、、まだ気付けていない側面が多そうだが、とりあえずこないだのKCはブンボーグでやっていたら、もっと勝てていたんじゃないかと思えるくらいには強い。