ゆとり薬剤師の業務日誌

無課金縛りでプレイしています。不定期更新。

2019.11 KC杯 ゼロの執行人

お久しぶりです。

 

前回KCから多忙につき

 

ほぼ全くと言っていいほどリンクスをしておりませんでした。

 

いわゆるログイン勢というやつです。

 

このままリンクス辞めるのかな〜、なんて思っていたのですが

 

私も未だに決闘者の端くれだったようです。

 

KC杯が始まると、ちょこちょことやってしまいました。

 

やはり対戦していると面白いですね。

 

 

まずはスタートの状況から。

 

 

 

 

「環境が分からない」

「知らないカードばかり」

「何がリミットに入ったんだっけ」

 

   ↓↓↓

 

「アレイスター?」

「精霊獣?」

「BFなんか種類増えてるやん」

 

 

 

まさに"ゼロ"の状態。

 

そんな中で対戦相手から環境、流行りを学びつつ、拳で語り合ってきました。

 

 

 

 

 

 

【結果】

 

f:id:yutolinks:20191126142908p:image

f:id:yutolinks:20191126142919p:image

 

 

特に沼にハマる事もなく、順調にDPが増え続けたなぁ、という印象。

 

仕事だったり、他の予定もあったり、スマブラもがっつりしていた割には、試合数こなした方だと思います。

 

それだけ一試合あたりの時間が短かったということですね。大体6〜7分程度でした。

 

 

 

使用デッキは「代償堕天使」

 

f:id:yutolinks:20191126142933p:image

 

 

最初はとりあえず適当に六武衆でやってみるも、コキュートス?とかいうやつがとにかく硬い、固い、堅い。

 

粉砕無しで抜けるわけ無い。

 

守ってるだけかと思いきや、守備表示のまま殴ってきて

 

「コンセントレイト!手札アレイスター!」

 

ワンキル。

 

スマン、遊戯王のルール、知ってる?

 

攻撃する時って、カードを縦にしてから殴るんやで。

 

 

 

 

▶︎VSアレイスター

 

まずはコキュートスを討ち取れるデッキは何か?を考える。

 

奴は対象に取れない、効果破壊もできない、DEF2900もある。

 

じゃあ対象に取らず「選んで」なんとかできるやつ。

 

ゲーテとかピッタリじゃん、あぁ魔導もサイマジも持ってないわ。

 

他に手持ちで「選べる」やつ、、、堕天使!

 

・神属してディザイア

・アレイスター召喚に神属

・3000で2ターンかけて殴る

 

この辺りを思い浮かび、早速堕天使を組む

 

前回KC以来1ミリも触れてなかったため、ちゃんと回せるか自信は無かったが、、、

 

 

 

適当にやっているうちにアレイスター関連の効果を覚えつつ、だんだんと取り方が見えてきた。

 

 

・コキュートスは怖くない(上手い人は、先にコキュートスで盤面固めてからジワジワ攻めてくるが、大抵の人はそうではない)

 

・みんなプルガトリオを狙いがちでそもそもそんなに出してこない

 

・アレイスター召喚に墓地神属→手札に既に召喚魔術がある時は、その後のプルガトリオチャレンジを許すという裏目があるため、盤面やアレイスター召喚までの相手の思考時間から手札を読んだ上で神属を撃つかどうかの判断が必要

 

・プルガトリオに神属を撃てばコンセントレイトが絡まない限りワンキルは無い上に、返しのターンで楽に葬れる(逆に召喚獣側はこの負け筋をケアしなければならない)

 

・両方ケアするには神属を場に構える必要があるが、複数枚採用率の高いコズサイに撃ち抜かれるという裏目の存在

 

・召喚魔術発動時に召喚魔術をコズサイで除外すると、召喚魔術の墓地効果によるアレイスター回収(アレイスターループ)を防ぐ事ができ、後続を途絶えさせつつ、召喚獣のステ上昇も防げる

 

 

アレイスターに関してはこんなところ?

 

 

 

▶︎VS精霊獣

 

 

精霊獣はあんまり数当たらなかった上に、ノリでやってたらほぼ勝てたのでよくわからず。

 

うまく使えば強そうな気配は感じたが、いまいち効果も把握しきれないまま終了。まあいいや。また今度お勉強します。

 

 

 

▶︎BF

 

なんか鳥の種類増えたね?

 

最初は取り方がよくわからず、後攻ゲーじゃん!と思った

 

BF側は先行弱いが、堕天使はどちらも強いのが特徴。

 

理論的には堕天使側に勝率が傾くはず。

 

 

 

目指していた先行盤面は、

 

場  イシュタムorマスティマ

   (+コズサイもあれば安心)

墓地 神属、戒壇

   (+場にいない上級堕天使)

手札 テスカ

 

 

・この盤面から後攻ワンキルを取るのは要求値が高い(確率計算などはしてない)

 

・この盤面は墓所られていてもマスティマルートで作れるため、BF側の先行墓所は必ずしも正解ではない

 

・場の上級はイシュタムよりマスティマの方がベター。攻守を半分にしてくる鳥がいるため、より守備力の低いマスティマを犠牲にし、後からイシュタムを蘇生させた方が耐えやすくなる

 

・コズサイ→黒い旋風?を潰す

 

・神属は伏せてもいいが、コズサイケアのため墓地の方が丸い

 

・専用のカウンター罠はテスカで一応耐え。だがそこまでケアしてられないので無い前提で動く

 

・1ターン耐えてしまえば、その間に代償を何発も撃てており、高確率で追放が絡みディザイアを手札に呼び込めるはずなので、返しのターンで鳥達を葬っていく

 

 

 

大体この辺が大事っぽい、きっと他にもある

 

 

 

今回のKCで学んだのはこんなところ

 

 

 

 

結構調整を重ねた前回(500戦くらい)と、全く調整をしていないどころかリンクス自体ほとんどやれていない中で臨んだ今回のKC(235戦)がほぼ同じような結果でした。

 

 

不思議ですね。

 

調整とは一体何なのでしょう。

 

時間をかけて調整したから「勝てる気になっていた」のでしょうか。

 

本当に有効な調整をしなければ意味がないのかもしれません。

 

何もせずに臨んだ今回のKCが「調整」について見つめ直すいいキッカケになりました。

 

環境云々とか以前に、どうしたら勝てるのか?という根本的な所から固めていく必要性がありそうです。

 

次回、2月KC杯はちゃんとやれたらいいな〜

 

ではでは。

2019.9 KC杯 その時私は人間だった

こんばんは。

 

KCお疲れ様でした。

 

結果は惨敗。

 

 

今回もいつも通り仕事で出だしは遅れつつ、なんとか日曜日には銀圏内まで到達し、熾烈な争いを繰り広げていましたが、 、

 

最終的には環境の変化に対応できず、大きくDPを落とし、銀圏内から外れてしまいました。

 

月曜日の朝、ワンチャン上振れを狙うため、局ハリ堕天使ワンキルマンへと変貌を遂げ、上位を目指すも、焦りや疲労から空回り。

 

良い子のみんなへDPをプレゼントして回っていました。僕と当たった人は感謝してください。

 

 

と、まあこのように悔し涙を滲ませながら(1マイクロリットルも出ていないが)自宅ベッドにて永眠いたしました。

 

 

 

 

 

 

主な使用デッキは墓所六武衆。

 

f:id:yutolinks:20190917105526j:image

 

 

 

事前準備では堕天使を練習してましたが、メタがキツすぎたのと、自分にそれらのメタを踏み越えられる実力が無く、勝率が出ず、泣く泣く手放す、、、

 

貯め込んでいたジェム1万程を使って、一点狙いで追放集めたのに、、

 

 

 

そこで戦いの最中

 

急遽、今の環境なら何が勝てそうか?と考えた結果、六武衆では?と思い至る。

 

 

・痒いところに手が届く墓所を採用

 

・打点不足をザンジの破壊効果でサポート(神属で通らない場合も)

 

・道場2の安定感(アルマデスがデスペに強く、シンクロをしやすくするため)

 

・道場2に伴うエニシ不採用→露払いで代用(自身をリリースして効果発動すると、場に存在しなくなるため神属で無効化されない)

 

 

やや構築に気になる点があるかとは思いますが

 

所持枚数が

キザン2   キザル0  シエン1  リハン0  推参0

 

全てはこれらを補うため。

 

特に、道場2にしたのはキザンが2しかないため。

 

 

銀すら取れていないので、現環境における細かい思考プロセスは省きます、、笑

 

 

 

 

僕には環境トップを使うのは、やはり向いていないようです。

 

・環境をメタる

・環境外のテーマを使う

・環境には存在するが変な構築のものを使う

 

自分が得意とする戦い方は、やはりこの辺りのようです。

 

 

今後、Tier1と呼ばれるテーマは一生使いません。

 

なんだか青眼の時も似たようなことを思っていたような、、

 

 

 

まあ人間って、同じ過ちを繰り返すものですよね。

 

しかしながら、過ちから学び、次に活かす事ができるのも人間である。

 

 

うん、人間っていいね。

ココココ

お久しぶりです。

 

ようやくお盆休みがやってきました。

 

付近の医療機関との兼ね合いで世間とはちょっとずれてるんですよねぇ。

 

最近はキングダムにハマっていて、全54巻を2周しました。

 

めっちゃ面白くないですか?

 

読まずに人生を終えたらとても勿体ない。

 

ぜひ手にとってみて下さい。オススメですよ。

 

 

 

 

さて、最近のリンクスの進捗はというと

 

WCS予選が閉幕した後、コツコツとジェムを貯め続け

 

ついにカンストして溢れ出しました。

 

今回のミニパックに期待はしていたのですが、

 

儀式はあんま好きじゃないんですよね。

 

柔軟性に欠けていて肌に合わない。

 

てことでスルーします。

 

 

おそらく去年の周期からすると、

 

KC前にもう一つメインの新弾が実装されるはず、、。

 

その中にUR3積必須じゃない強テーマがあることを祈ります。

 

先日のサブテラー枠ですね。

 

ブンボーグくらいのテーマでもOK。

 

とりあえず新弾のカード効果を把握しなければ、、、

 

 

デッキ整理術

整理整頓、できていますか?

 

何をするにも整理整頓って大事ですよね。

 

仕事ができる人って、必ず整理整頓も上手な気がします。

 

 

 

 

今日はデッキ整理術について、です。

 

まあ軽く読み流しちゃってください。

 

 

 

 

《目次》

・デッキ枠の使い方、配置

・デッキの命名

・おまけ

 

 

 

 

 

▶︎デッキ枠の使い方、配置

 

僕のデッキ枠は5枠のみです。

(5D'sキャラは4枠です)

 

一切拡張していないので。

 

でも収納に困った事はありません。

 

 

 

ここでは説明を分かりやすくするため

 

左側のデッキ枠から順番に①〜⑤とラベリングしておきましょう。

 

f:id:yutolinks:20190618145301p:image

 

f:id:yutolinks:20190618145255p:image

 

基本的な配置は左側から順に

 

①名もなき決闘者_モンスター3体開始用のデッキ

 

②モブ狩り用のデッキ

 

③空(orイベント開催時は周回デッキ)

 

④空(or対人戦用のデッキ)

 

⑤空(or対人戦用のデッキ)

 

 

全キャラこの配置で統一しています。

 

③〜⑤はほぼ空で、自由枠です。

 

使わないデッキはすぐに解体し、必要に応じて組み直すようにしています。

 

デッキを組む際に以前のレシピが残っていると、どうしてもその固定観念に捉われがちになってしまうからです。

 

 

 

基本的には「②モブ狩り」でセットしておき

 

名もなき処理時→左に1スワイプ

イベント周回時→右に1スワイプ

 

f:id:yutolinks:20190618150527j:image

 

といったように、日頃のデッキ変更を極力1アクションで済むようにしています。

 

 

また、なぜ左側に寄せているのかというと

 

今後レベル上限の解放等でデッキ枠が増えた時、必ず右側へと枠が伸びていくからです。

 

右側に寄せてしまうと、その都度引越しが大変です。

 

 

ちょっとした小技ですが、、

 

デッキ選択画面で「デッキコピー」をタップすると、DMキャラの最上段、つまり闇遊戯、海馬のところまで飛ばされますよね。

 

これを利用すると、

 

よくコピペするようなデッキ(汎用周回デッキなど)は闇遊戯、海馬あたりに設置しておくと、次回以降コピペが楽になります。

 

 

 

 

 

▶︎デッキの命名

 

デッキの命名において、以下のような法則があります。

 

「半角・全角問わず6文字以内であれば、デッキ選択画面にて全て表示される」

 

「6文字を超えている場合、その6文字目以降を"…"と表記する」

 

僕は見映えよく、分かりやすいように、必ず6文字以内に収めるようにしています。

 

自分が分かりやすければ何でもいいです。

 

 

例えばこんな感じです。

 

「根性メタファイズ」にした場合

 

f:id:yutolinks:20190618151754j:image

 

「根性メタファ」にした場合

 

f:id:yutolinks:20190618151821j:image

 

 

文字数については、もしかすると使用端末によるかもしれません。(ちなみに僕はiPhone8、iPhone SE、iPad mini4です)

 

端末に応じて、表示可能な文字数を確かめてみて頂ければと思います。

 

 

 

 

▶︎おまけ

 

名もなき決闘者のモンスター3体開始で、オススメの構築を紹介しておきます。

 

f:id:yutolinks:20190618153745p:image

f:id:yutolinks:20190618153751p:image

 

グリムゾンがいると、狡猾、スナスト、コアキメイル・アイス、マキシマムなど、あらゆる効果破壊から執行官を守ることができます。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

僕なりの方法をつらつらとお話ししましたが、もっと良い整理術があればぜひ教えてください。

 

ではでは。

WCS2019 - 1枚のコスモブレインと共に

WCSお疲れ様でした。

 

結果はいかがでしたか?

 

今回は群雄割拠、三つ巴どころではなく五つ巴?のような魔環境でしたね。

 

僕はどうだったかというと、、

 

 

 

▶︎結果

 

f:id:yutolinks:20190613152642p:image

 

46位。

 

悔しい結果に終わりました。

 

土曜日の仕事終わりから本格的にやり始めて、日曜日の夜あたりから20〜30位(DP7〜8万台)でずーーーっと停滞。

 

金ボーダーがあと少しという所で捉えきれないまま、最終的にはこのザマです。

 

いつもこの辺で止まるんですよね。

 

決定的に足りない何かがあるはずなんですが

 

未だに分かりません。

 

ま、そのうちなんとかなるでしょう(適当)

 

 

 

 

▶︎デッキ

 

・招来青眼

墓所青眼

 

それぞれ使用数は半分ずつくらいです。

 

f:id:yutolinks:20190611140837p:image

 

無課金縛り故にコスモブレインが1枚しかない、という点を踏まえてどちらも構築しました。

 

 

 

 

 

「招来青眼」

 

f:id:yutolinks:20190611125401p:image

 

魔導招来:自分のLPが1000減る毎に使用できる。通常のドローを行う代わりに、魔法使い族をランダムにドローできる。

 

 

コスモブレインを確定サーチできます。

 

 

コズサイを撃って、バックを除去しつつ次のドローでコスモブレインを確定サーチ、そして一気に攻め込む。

 

 

あれ?この動きどこかで見覚えが、、?

 

 

 

そうです、以前のセレブ副社長です。

 

全く同じ動きができます。

 

やはり青眼はコスモブレインが絡むと火力が出ますからね。

 

 

また、闇遊戯を使用していると、相手はディスティニードローだと勘違いしてくれます。

 

"2000"削らないように気をつけよう、と。

 

そして1400〜1900あたりの下級でダイレクトしてくれます、スキル発動の手助けありがとうございます。

 

相手が上手い場合、こちらがコズサイを伏せていることを見抜くと、全く攻撃してこないこともあります。

 

攻撃して1000以上削ってしまうと、コズサイを撃たれて合計2000以上になり、次のターンでDドロされることを避けるためでしょうね。

 

でも実際はコズサイ一発で発動しちゃいますよ、と。

 

そもそも魔導招来なんて使ってる人少なすぎて、ライフがいくつ減ったら発動するのか曖昧な人も多いような気がします。

 

 

そういう初見殺しもあり、ライフを守りながら、2巡目には高確率でコスモブレインを持って来ることができます。

 

 

f:id:yutolinks:20190611115359p:image

 

こういう初手、青眼ならしばしばありますよね。

 

次のドローでお祈りするやつ。

 

そして、その後必ずこうなるわけです。

 

 

f:id:yutolinks:20190611115516p:image

 

(コズサイ不採用の方はクリボールに置き換えると分かりやすいかも)

 

スキルが墓所だったらただの事故ですが、魔導招来なら次のターンに動けます。

 

このように、事故ると何もできない青眼に対してセイフティーネットを設けることができます。

 

コスモブレインを複数枚採用すれば、2体目以降をさらにサーチし、とんでもない火力でゴリ押しすることもできたり、、?(試せないのでその使用感は分かりませんが)

 

墓所封印する必要性の低い環境であれば、コスモブレインの採用枚数に依らず、採用価値の高いスキルだと思っています。

 

 

ただし

 

今環境においては、やはり墓所が有効でした。

 

コアキネオスがこんなに多いとは予想しておらず。

 

そう大会中に気付き、手探りで組み始めたのが

 

 

墓所青眼」

 

f:id:yutolinks:20190611130346p:image

 

コスモブレインの穴を、轟咆で補っています。

 

補うというよりは、別のデッキだと考えた方がいいかもしれません。

 

魔法の4枠は、轟咆、供物、コズサイを環境により入れ替えてましたが、いちばんDPを稼いでくれたのがこの構築です。

 

このあたりで8万超えていたと思います。

 

供物は3枚目の狡猾、というような認識です。

 

轟咆って初動にならないから弱くない?と思ってましたが、別の強みがありました。

 

この構築においては、コスモブレイン、スナスト、曙光、霊龍、供物、狡猾の計12枚とシナジーがあります。

 

 

・コスモブレインとスナスト

言わずもがな。手札から捨てた青眼、霊龍をそのまま蘇生。

 

・曙光

曙光が破壊された場合に太古ではなく青眼、霊龍を落とせば、轟咆で即蘇生させられます。相手に攻撃されている時ならば防御札になり、こちらが攻撃している時ならば更なる追撃を狙えます。

 

・霊龍

効果で自身をリリースし青眼を特殊召喚します。そこで轟咆があれば、また霊龍を出せます。

 

相手のターンエンド時に太古効果で霊龍を特殊召喚しバックを1枚除去、そのまま即リリースし青眼を特殊召喚、さらに轟咆で霊龍を蘇生、バックをもう1枚除去、、なんて動きも。

 

こちらの攻撃時にも同様です。

 

・供物、狡猾

自分の青眼、霊龍、曙光が攻撃した後、供物狡猾を自分のモンスターに撃ち破壊します。曙光ならば青眼霊龍を墓地送りに指定。その後轟咆で蘇生させ追撃、フィニッシュへと繋ぐことが可能。

 

先ほどと同様に相手エンド時に行えば、バック除去にも活用できます。

 

 

このようなトリッキーな動きを可能にし、青眼に柔軟性をもたらすのが轟咆の役割だと思います。

 

ただし、発動できないまま負けてしまうこともあるため、一長一短ではあります。

 

 

 

 

どちらの青眼も共通ですが

 

星9シンクロのヴァーミリオンが入っていません。

 

f:id:yutolinks:20190613195923p:image

 

ヤツのためだけにわざわざ新弾をナケナシのジェムで剥いていたのに

 

半分以上剥いても出ないまま、WCSが閉幕してしまいました。

 

ヤツが居たら取れていた試合が結構あって、

 

かるく10試合以上はそれで落としたと思います。

 

DPに換算すると2万以上でしょうか。

 

これが今回の敗因の中でいちばん悔しいです。

 

でもこれ、パックの引き運がどう、とかそういう類の話ではないんですよね。

 

底の方まで残っても大丈夫なように、ジェムを計画的に運用できなかったことが根本的な原因。

 

つまりはそれも実力。

 

ただ実力無くして負けたのです。

 

ホント実力ゲーすぎ。

 

 

長くなってきたのでこの辺りで終わろうかな。

 

 

とりあえず今日からまた9月?のKCに備えて

 

ジェムを貯める生活に入ります。

 

ではでは。

移り変わりゆく

こんばんは。

 

真紅眼が強化されましたね。

 

最初は何が強いのかいまいちピンときてませんでしたが

 

実際に相手をしてみたところ、普通にスラッシュが強い笑

 

対象とる効果無効にするの強い。

 

あとはトレーサーが意外とめちゃ強かった。

 

白石が揃ったので青眼を最近練ってたのだが

 

構築工夫しないと真紅眼に対して勝率出ないと思った。

 

ランクマで当たる粗い構築の真紅眼ですら、相手してて結構キツいな〜という印象。

 

インサイトがあるから、真紅眼融合1枚でも普通に組めそうなんだよなあ

 

無課金縛りのため1箱しかストラク買えないけど全然アリだと思った。

 

まあまだジェム購入するかは未定。

 

 

スラッシュの登場で、ネオスは構築見直さなきゃいけないんじゃないかな?

 

対象とるセットモンスターは、もはや防御として機能しない恐れがあるので。

 

ネオス持ってないから直接的には関係ないけど、ネオスの構築が変わることで間接的に自分の各デッキも、対新型ネオスを踏まえて採用札を見直す必要が出てきそうです。

 

 

ところで青眼の構築。

 

めっちゃ難しい。

 

全然構築が定まらないですねえ。

 

未だに強みも理解できていません。

 

青眼を使いこなせるようになる日はまだ遠そうです。

白石さん

こんばんは。

 

今月から勤務する薬局が変わったのですが

 

・来客患者数が今までの倍

・主な応需先の先生が出す薬の剤数が多い

・通勤が車10分→車40分になった

・終わるの遅くなった

 

という感じでリンクスやれる時間がまあまあ削れております。

 

まだ薬の配置が頭に入ってないのもあり、疲労感がハンパない。

 

 

 

そんな中ですが、現在新しいミニパックを少しずつむいております。

 

青眼組もうかな〜と。

 

コスブレ1しかないけど、それ以外は持ってるので。

 

コスブレ1の穴をどうしようかな〜とぼんやり考え中。

 

こういう時は「弱みをカバーする」のではなく「強みをもっと強くする」のが僕の構築論です。

 

青眼の強みって何でしょうね?

 

もう少しで白石が3枚揃いそうなので、揃ったら回してみて、強みがどこにあるのかを確かめたいと思います。

 

僕は恐竜のような、パワーはそんなに無いけど柔軟性が高く、相手との読み合いを発生させるデッキが得意なのですが

 

青眼みたいな大きな立ち回りのデッキは苦手なので、要練習です。

 

青眼=大味なデッキ

 

いや、この固定観念がもはや良くないですね。構築にも現れてしまうので、捨てなければなりません。

 

とりあえず仮面のレベル上げさっさとして、ジェム回収してきます。

 

青眼揃ったら、誰か相手してください。